スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

やってしまった・・・

昨日の出来事ですが・・・・
寒くて心配だった孵化したばかりのミジュ&ゴンの雛はみんな元気に動いてました。
トッコ&イリから攻撃を受けてる巣立ち雛もみな元気でエサも食べてるの見れたからそろそろ親分け出来そうだ。
心配だった食卵もちゃんと2個卵が残ってるから大丈夫そうだ。
ミナとコンの卵も3個に増えてる。
この事を確認し安心してしまったのかいつもなら慎重にエサ交換してたんだけど油断してしまいトッコ&イリの1番仔のオスを逃がしてしまいました。
レモンカナリアも逃がしてしまった子はいたけどほとんどの場合は逃げても大体すぐ近くに止まって逃げた事にビックリして固まってるからその時にそっと網を被せればほとんど捕まえられてたんだけど、マメルリハは違いました。
あっという間に一直線に飛んで行ってしまい何も出来ませんでした。
鳥を飼ってる者として鳥を逃がす事は最悪の行為で絶対にしてはいけない事というのは分かっているのにまたやってしまいました。
本当にバカな飼い主です。
手乗りの子だったら少しは保護してもらえる可能性もあるだろうけど荒の子では無理だと思います。
親鳥に攻撃されて心配だなんて書いてたけど、それより酷い事をしてしまいました。
やっとここまで育ったのに・・・
マメルリハの本気の飛びは凄いです!!あんなに飛翔力があるとはビックリでした。
あの飛び方で逃げられてしまったらいくら手乗りの子といえどかなり遠くまで飛んで行ってしまい危険です。
昨日逃がした自分が言うのもなんですがみなさん気をつけてくださいね!
自分ももう絶対愛鳥を逃がしません!!


にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ

にほんブログ村

スポンサーサイト
辛いですね
大福パパさん、今は辛くてご自分をせめてしまうとは思います。
だけど、誰も逃したくて逃してしまったわけではないんです。
大福パパさんあまりご自分を責めないでください。

弱くて生きられないのではと思われていたインコが逃げてしまった。
そのインコは野鳥にまじって元気に生活していた。
そういう実話を知っています。
どんなことにも失敗はあるけれど、奇跡的と思えるほど生命力は強いです。
なにがあるかわからない、悪いことも善いことも。

大福パパさんのコトバはあらためて考えさせられました。
私も逃がさないように肝に銘じますね。
お辛いところ正直な記事を書いていただきありがとうございます。

今はご無理でしょうけれど、どうか元気をだしてください。
可愛い子たちのためにも。

【 2013/11/14 】 編集
冷奴さんへ
こんばんは。
逃がした鳥は外敵に襲われてほとんどが可哀想な結果になってしまうし
たとえ運よく野鳥に混ざって生き延びたとしてもそれは日本の野鳥たち
の生態系を崩す事になるからこそ飼い主としては絶対やっちゃいけない
最低・最悪な行為です。本当に反省しました。
誰かに保護されていればいいんだけど・・・
逃がしたくて逃がしたんじゃないけど逃がすのは飼い主の不注意それ以外
理由はないと思ってるんでもう油断はしません!!
落ち込んでばかりはいられないんで今いる鳥達をしっかり飼育していきます。
【 2013/11/14 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

フリーエリア
ポチッと1押しお願いします。
FC2カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。